猫が家具をひっかくのをやめさせる方法

猫が家具をひっかくのをやめさせる方法

猫が家具をひっかくのをやめさせる方法

-

愛猫が家具をひっかくのをやめさせるためのヒント

1

猫が引っ搔いてできたキズを全てきれいにする

  • 温水と石鹸を使う
  • これによって猫が家具に残した“なわばり”メッセージを除去できます
2

フェリウェイを使ってみる

3

爪とぎの“ゴールデンルール”(鉄則)を守る

  • 猫の爪とぎ段ボール(爪とぎ器)は縦長で、頑丈な構造をしており、十分な長さがあるものでなければなりません:90 cm以上
  • 猫の寝る場所の近くか、ひっかいてほしくないエリアの近くに爪とぎ器を設置します。
  • 猫1頭につき1個以上の爪とぎ器を用意します
  • どの猫も爪とぎの必要がありますので、このような準備することが不可欠です

おすすめ

フェリウェイ スプレー

動物病院の通院に。 動物病院への通院はストレスの大きな要因になる場合があります。(★は当社の推奨度)

フェリウェイ 専用拡散器+リキッド

ご家庭の猫がよくいる部屋に。 縄張り意識が強い猫にとって環境の変化は大きなストレスとなります。例えば、引っ越しや家族が増えるなどいつもと違うシチュエーションでも起こります。(★は当社の推奨度)

猫がひっかく理由(爪とぎ)

爪とぎは、全ての猫が自然に必要としていることです。爪とぎをすることで、なわばりに印をつけます。このなわばりのマーキングは、目に見えますし(ひっかきキズ)、見えないものもあります!実際には、猫は前足から“なわばりメッセージ”を残します。このメッセージは他の猫だけが知覚することのできるものです。

不快なときには、猫はより多くひっかきます。そして壁やドア、ソファー、家具などで爪をとぎ、飼主にとっては大問題となる場合があります。

多くの場合、家庭で猫がひっかくことは、実際には猫が不快であることを表現する手段の一つとなっています。これは、子猫や新しく飼い猫になった猫が、新しい家庭を発見した場合に特に言えることです。

特に以下の状況では、爪とぎが不快感を示すサインと考えられます:

  • 猫が家屋の多くのエリアで爪とぎをしている(家具、ソファー、椅子…)
  • 窓やドアの近くでひっかいている
  • 2頭以上の猫を飼っている
  • “お隣さん猫”が多数いる(自宅の近くを外猫が徘徊している)
  • 部屋の模様替えを最近行った(新しい家具を入れたり、家具を移動させた)

爪とぎ段ボール(爪とぎ器)にフェリウェイ スプレーを使わないでください。爪とぎ器にスプレーをしますと、猫は爪とぎ器を使わなくなります。

愛猫が自宅の家具をだめにしてしまう前に試すこと

猫が家具をひっかくのをやめさせる方法と言われているものがたくさんあります。それらの中には昔話(迷信)が関わっているものもあります。

猫の爪とぎは猫にとって正常なことであり、欠かせないものです。ここが自分のなわばりであることを他の猫に伝えるのに役立ちます。

爪とぎはまた、猫の気分を示すものでもあります。猫が不快に感じていると、より多くの回数、より多くの場所に爪とぎをします。

ひっかく理由がなんであれ、猫は、特に朝起きたとき爪とぎをする必要があります。ですから、猫のベッドの近くに爪とぎ器を設置するのが理想的です。

猫に爪とぎを止めさせる他の解決策としては、(猫の嫌がる)様々な成分を水に溶かして家具にスプレーする方法があります。ただし、その成分が家具を傷めないように注意してください。

なぜ猫はカーペットをひっかくのでしょう?

過度な爪とぎはストレスが原因である場合があります。猫は、ある種の素材をひっかくのが大好きですし、カーペットをひっかくのが好きな場合もあるでしょう。これは珍しいことではありません。